メインイメージ

FAとは・・・Fundamental Ability『基礎的な能力』の略称です。
愛知県豊橋市にある仔羊幼稚園を基としています。

子どもは生まれた時、
すでに数百億個の脳細胞を持つと
言われています。

しかしこの細胞は
刺激し使われなければ
減少していきます。

一生に一度しかないこの時期こそ
将来にわたる
基礎能力育成をお手伝いします。


お知らせ

  • 2021/07/06
    2021年夏休みの予定
    引き続きコロナ禍での夏休みとなりましたが、感染状況に注視しながら、教室では、例年に準じた学習会を行います。
    《小学生》
    小1:水・金/10:00~11:00
    小2:月・木/11:00~12:20
    小3:火/11:00~12:20 土/15:00~16:20
    小4:土/11:00~12:20 月/15:00~16:20
    *各時間帯の前後に工作/実験が予定されています。
    (特別材料が必要な実験は締め切りとなりました)
    《幼児》
    年少:時間帯変更なし
    年中:8月~8/20まで午前9:30~10:30移行
    年長:時間帯変更なし
    *詳しくは、案内プリントを参照ください。
  • 2021/05/14
    教室環境設備完了のお知らせ
    5月12日:ようやく環境設備(ネット・電話・Fax)が元に戻り、移転に関わる工事が全て終了致しました。生徒・保護者の皆様には、ご理解ご協力いただきありがとうございました。

    電話・Fax・ホームページは今まで通りです。
    Eメールのみ下記の通り変更になりました。

    資料の請求は下記までお問い合わせください。
    --------------------------------------------
    TEL:082-275-0755(11時~18時)
    FAX:082-275-0763
    E-mail:info@s-faschool.com
    http://www.fa-school.com
    ---------------------------------------------
    *5月より、年少クラス(土曜9時30分~)が始まりました。説明だけも致しますのでお気軽にお問い合わせください。

    *習い始めに不安のあるお子様には、慣らし期間として個別指導の相談応じます。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
  • 2021/04/07
    新教室での応対について
    現在、電話は準備中でつながりません。
    電話含むネット環境が整うのは4月末の予定になりました。
    その間、応対時間帯及び窓口は以下の通りとさせていただきます。
    --------------------
    9時~12時:スクールアドレス
    12時~19時:携帯電話(ライン)
    ※土曜日は9時より携帯電話のみとなります。
    --------------------
     *外部の方は、12時以降直接教室に訪ねて来られるか、下記のアドレスにメールでご連絡ください。
    アドレス:fa-school@chuoh-kyoiku.co.jp
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 2021/04/04
    移転後の教室について
     T&Yビル2Fの復旧工事は、教室が移転する206号室のみ4月5日(月)に終了することになりました。
     つきまして、予定通り6日(火)より、新学年の授業を開始致します。
     教室環境は順次整えていく形になりますが、明るい教室を作っていきたいと思っております。
     今後ともよろしくお願い致します。

    ※幼児クラスの時間帯が変わりましたのでご注意ください。(15時30分~16時30分)
  • 2021/01/26
    教室の移転について
     2021年春休み、FAスクールは、当ビル(東南角)206号室へ移転いたします。
     
     つきまして、下記の日程で改装工事が行われますので、その間、全ての学年の授業を休講致します。
     ご不便をおかけ致しますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

    《工事予定》
    3月20日~4月5日(約2週間)

    ※主な学習内容に変わりはございません
    download pdf

指導の根っこにあるもの

きれいな言葉を使います

言葉は心を育てます。

“ことのよしあし”を正しく判断できる子をめざし、きれいな日本語で声かけをします。

集団で個々の力を引き上げます

“つのつく歳”の子は同じ方向を向く特質があります。

家庭でわがままが出るお子さんや学習に好き嫌いのある子でも、集団で個々の力を引き上げます。

子どもとの距離感を考えます

子どもにくっつきすぎても離れすぎても自分でできることがふえていきません。

できなくて困っている時は手をさしのべ少しずつ距離をおきながら自活を促します。

ほめて育てるより認めて育てます

成果をほめられ育つと失敗に弱い子になります。

ほめすぎず、行動そのものを正し認め、はげまします。